金目鯛バッドエンド

ラブライブについて色々と。語彙力はありません。Twitter→@TcE233_6012

Aqours3rdライブ福岡公演に行っただけで散々な目に遭いました

※一応最初に言っておきますが、ライブ中になんかあったとかそういう話ではありません。ご了承ください。

 

 

こんにちは。まずは下の記事を見てから、この記事を見てください。

 

 

 

話はこの続きから始まります。

 

無事、定刻で北九州空港に到着。早速飛び込んできた知らせは

 

小倉駅行きのバスはいつ来るかわかりません」

 

というもの。モニターにも確か大幅ダイヤ乱れとか書いてあった気がします。

 

 

と言っても10分ぐらい待ってたら来ました。ただし高速道路全線通行止めのため、一般道迂回となってました。

 

当然高速が使えなければ時間がかかるわけで、空港を出たのが11時20分、小倉駅に着いたのは12時10分すぎでした。

 

 

さあそこで待ち受けてたのは「30分に1本、普通列車しか来ない鹿児島本線」と、「2時間に1本だけの新幹線」でした。

 

ですが、在来線は博多まで1時間半ぐらいかかるんですよね。さらに次の新幹線は12時30分発。

 

 

これに乗るしかない。

 

そう考え(当たり前)て、新幹線の乗車券を買い新幹線ホームへ。

 

f:id:Tc9012:20180712193604j:plain

 

見てくださいよこの発車標。12時30分の次が14時。その次が17時26分。画像では見切れてますが、東京方面は運転見合わせなので調整中の表示でした。

 

ホームへ上がるとどこもかしこも人だらけ。博多方面へ最速でたどり着くのはこれしかないんですから当たり前ですよね。

 

f:id:Tc9012:20180712194035j:plain

 

こだま799号とかいう存在しない列車に乗車。全車自由席とはいえ、これだけの人が乗ると即満席。通路やデッキにも人だらけ。

 

 

f:id:Tc9012:20180712194405j:plain

 

そんな中選んだのがここ。どこかなんて見ればわかると思いますが、回転させた座席と座席との間です。博多までの間ここに座って行くことができました。

 

 

そうして列車は無事博多に到着。すぐ駅でとんこつラーメンを食べて腹を満たしました。

 

 

 

そして夜。JR西日本のホームページを見ると『7月8日始発の寝台特急サンライズ瀬戸・出雲号の運転を取り止めます』との知らせ。

 

これで帰りの交通手段が断たれてしまいました。さあ困ったもんだと。ライブが終わった後だったのでひたすらスマホにらめっこして帰りの手段を探すわけです。

 

 

思いついた手段としては、

1.福岡空港から出る飛行機でライブ後に即脱出

2.翌日に北九州空港を1番に出る飛行機で帰京

3.最終のぞみで名古屋、そこから夜行バス

4.新幹線で大阪、そこから夜行バス

 

1はかなり多くの人がとっている手段でしたが、さすがに前日ともなると軒並み満席、空席がある便はかなり高値。財布の金は少なかったのですが、銀行にも金はあるのでそこでなんとかなるところでしたが出費がでかすぎるのでやめました。

 

2はサンライズが運休した際に検討していた手段でした。正直これが一番いいだろう、と思いましたが3、4のほうが安く戻れるためやっぱそっちにするかと。そういうことでこちらもナシ。

 

3。最終ののぞみ98号名古屋行き、博多駅を20時1分に発車なんですよね。こんなにギリギリだとワンストにたどり着く前に会場を出ないと間に合わないだろということでナシ。

 

4は何度も何度も色々な組み合わせを考えました。20時6分のさくらに乗るプラン、20時51分のひかりに乗るプラン、でもこれで大阪に着いても夜行バスには間に合わない…

 

 

ですがさらに先を考えました。ひかりに乗って新大阪へ。そこから在来線に乗り換えて京都に出れば24時30分のバスに乗り継ぎが間に合う!よしこれだと。

 

この選択があとでとんでもないことになるとは思いませんでしたが…

 

 

 

これを考えてる間、知り合いのK君と万葉の湯へ向かっていました。

 

そして着いてわかった衝撃の事実。

 

 

「18歳未満は深夜の入館には保護者の同伴が必要」

 

 

知り合いが泊まれたって言ってたから下調べしてなかったんですけどね。最悪ですよ。

 

 

 

とっくに24時を過ぎていたので、今から宿をとるのも無理だ。野宿するしかない。

 

そう決意しGoogleマップで近くの公園を探すと、そこそこ大きめの公園を発見。とりあえずはここを目指して移動を開始しました。

 

 

f:id:Tc9012:20180712205217j:plain

 

そして到着。ここが今日の宿だぁ!!!wwwwwwwwwwと、とりあえず絶望。

 

ですが30分ほどするとナメクジ等の虫がそこらじゅうにいることを発見。これはまずいということで、24時間営業のジョイフルが1kmちょい先にあることを見つけそこへ移動することに。

 

 

f:id:Tc9012:20180712205711j:plain

 

さて着いてみればまたもやとんでもない知らせ。

 

 

「22時以降は18歳未満は立ち入り禁止」

 

 

もうこれはどうしようもないということで、K君が昨日泊まった「月の湯」を目指すことに。

 

 

ライブでヘロヘロなのに、月の湯までの距離は3.7km。こんな歩けねえよと。

 

f:id:Tc9012:20180712210856j:plain

 

超ボロボロの体で福岡空港の近くを歩いてる時の写真。夜だからぶれるのは当然ですが、この時で既に倒れそうなぐらい疲れていました。

 

 

 

そして歩いてる途中に見つけました。安住の地を。

 

f:id:Tc9012:20180712211312j:plain

 

西鉄バス稲城バス停。写真で見るとわかりますが、屋根付きな上に非常に広いベンチ。もうこれ以上動けないからここで朝まで過ごそう。2人でそう決めました。

 

ここに到達した時には1時50分になってました。Wi-Fiはありませんでしたが、対岸にはローソンがあるためどうにか生き永らえられることが確定。

 

f:id:Tc9012:20180712221737j:plain

 

寝ているときの写真。もうこの時にはへろっへろでした。

 

 

 

野宿なんて当然初めてなので、最初のうちは寝れず過ごしていました。

 

ですが当然疲れがたまってるため、寝転がってれば眠くなってきます。気づいたら眠っており、起きたら4時前になってました。

 

 

4時を過ぎたら大丈夫だということで、K君が空港のほうへ。するともっと広いところがあるというのでバス停を離れて向かいました。

 

 

たどり着いた先は空港の前。屋根もあるのでここで空港が開く5時半まで時間を潰すことにしました。

 

ここで京都から東京へ向かう夜行バスを確保。帰りの手段も確保できたので安心…というところでした。

 

f:id:Tc9012:20180712221842j:plain

 

空港のベンチには仕切りがないのでゆったり寝ることができました。まあ布団のようにふかふかしていませんけどね。

 

K君はこのまま飛行機で東京へ。僕は8時過ぎの地下鉄で博多へ戻りました。

 

 

 

さて、ライブが終わり博多駅に余裕をもって到着。ゆっくり食料を調達し新幹線に乗車。

 

f:id:Tc9012:20180712223236j:plain

 

例のフォロワーにこれを食えと言われたので買いました。折尾のかしわめしです。

 

これがうまいのなんのって。甘めのテイストでとても美味。駅構内のスーパーで一応弁当は買いましたがいらなくなりました()

 

飲み物はあいにくぬるいアクエリしかなかったので、発車直前にホームのセブンで買いました。

 

 

 

ひかり444号、博多を20時51分に出て、終点の新大阪には23時32分の到着。そして37分の快速に乗り継ぐ予定でした。

 

ですがもうこの時には疲労困憊。ずっとリクライニング全開で超ダラダラした姿勢になってました。そして2時間半以上の乗車、もう何が起きるかなんてわかりますよね。

 

 

…そう、寝てしまったのです。

 

 

寝るつもりは無かったので記憶がないのですが、ツイートを見る限りおそらく福山を出た直後に寝落ち。そして起きたのは新大阪に着いてからでした。

 

 

 

 

起きて車内を見渡すと周りに人がいない、そうかもうここは新大阪か。

 

慌てて荷物をまとめホームへ。既に到着してから4分ほど時間が経っており、このままでは快速に間に合わない。

 

ダッシュで改札を抜けて在来線ホームへ急ぎました。

 

まだ、まだ発車標には「23:35 快速野洲」の文字がある。間に合ってくれ。

 

間に合うことを信じ走り続け、ホームへ着いたら――――――――――

 

 

f:id:Tc9012:20180712224658j:plain

 

そこには列車はおらず、次に来る40分発の京都行きの接近放送が流れていました。

 

これに乗っても京都到着は24:23。夜行バスの発車にはギリギリ間に合う。そう信じて普通列車に乗車。

 

ところが途中の茨木駅手前で突然停車。でも列車の走行位置を見ると前に列車はおらず。

 

なんで止まってるんだ、さっさと発車してくれ、そればかり考えていました。

 

そして3分遅れで発車。このままだと京都に26分着。これはとてもまずい。

 

 

列車はそのままの遅れを維持したまま3分遅れで京都駅に到着。

 

急いで八条東口へ…と思ったら23:00までと看板にあったので、とりあえず東口改札へ。

 

めちゃくちゃ慌ててるので駅員さんが「どちらへ行かれますか?」と聞いてきました。こんな時間に急いで改札に向かうのは夜行バスに乗る人ぐらいなのですぐ八条口ですと言ったら西口からと返してくれました。

 

 

まじか。急いでエスカレーターを駆け上がり西口改札を出場。

 

遠征の際、きっぷは必ずというほど持ち帰るようにしているのですが、これで夜行バスに乗れなかったら終わるので断念しました。

 

 

改札を出ると左側に八条西口の文字。ダッシュで出て左の方を見ると夜行バス乗り場!

 

見えた!まだ間に合う!ただただ信じて走り続けました。

 

ですが、夜行バス乗り場に着いた瞬間…

 

非情にも30分になり、東京行きのバスは発車してしまいました。

 

 

おいマジかよ。本当に乗れなかった。乗り場で絶望していると案内の人が言ってくれたのですが、後の便なら空席があれば現金払いで乗れると。

 

でもそれに乗っては早くて東京駅に8時前ということをたくさん調べてわかっていました。

 

更にそれに乗れない理由が自分にはありました。

 

 

翌日には期末試験が始まるからです。

 

そこで翌朝の始発のぞみの時間を調べると…

 

ギリギリ1限に間に合う時間でした。というかその日は1限で終わりだったんですけど。

 

f:id:Tc9012:20180712235157j:plain

 

絶望の京都駅前、2日連続の野宿を決意しここに滞在することにしました。

 

幸い、かなり広めのスペースがあり十分寝ることができました。

 

f:id:Tc9012:20180712235323j:plain

 

寝るとこんな感じ。反射して若干見えるのがおわかりいただけるでしょうか。心霊とかじゃないですよ()

 

 

いくら西成とかみたいな極端な場所ではないとはいえ、カツアゲされたりしないか怖いものなので、一応荷物を全部枕代わりにして横になりました。

 

そして気づくと夢にも入れず睡眠。起きると5時を回っていました。

 

f:id:Tc9012:20180712235532j:plain

 

宿に別れを告げ、駅へ。途中駅前にパトカーがいてびびりましたが、普通に回避できました。正面側にいたときにも通ったんですけどね。

 

f:id:Tc9012:20180712235654j:plain

 

帰りのきっぷを購入。これにプラスして夜行バスの7500円が飛んでしまったのでもう困ったもんですよ。バイトしまくってたおかげでまだ余っててよかったのですが。

 

 

f:id:Tc9012:20180712235847j:plain

1番列車ののぞみ200号は若干混んでたので、3分後にやってきたのぞみ202号に乗車。6時台からたった3分空けて最速達列車が走ってるなんて本当凄いですよね。

 

 

f:id:Tc9012:20180713000019j:plain

 

朝飯は昨日夜購入した皿うどん弁当。399円でしたが半額になっていたので199円です。

 

 

 

そして無事、1限の開始に間に合い、試験を受けることができました。

 

いや、本当に危ないところでしたね。金が飛びまくってるのでかなりヤバいんですけど(((

 

 

 

皆さんも夜行バスの乗り遅れには気をつけましょう。時間に余裕をもった行動を。

 

では。